数年前に木造の和風の注文住宅を建築

神奈川県の小田急線の○○駅の郊外北部に位置する山沿いに、大手デベロッパーが開発した分譲地を購入し、地元業者によって注文住宅を建てました。 時期的には今からほぼ6年ほど前の2014年の当時の事で、土地面積は65坪で決して広くは無いが、何とかそれなりの広さ、間取りの住居が出来たと思っております。

構造的には木造の2階建ての建物で、述べ面積が28坪ほどの広さであり、間取りは3LDK+ロフト部分(人形などの物入れ1間)で、一階が八畳八畳のLD、二階が六、八畳の和室と八畳の洋室になりました。 建物の質や形は予算の関係もあり、どちらかと言うと木造の標準的なもので、内装、外装、更に所設備関係は全く普通の水準のものか、それよりやや抑えた感じでちおいっていいでしょう。

さて住宅建築にあたっては、地元市内にある住宅展示場で建物の様式や構造体、和式か様式かとかを参考にする為に何度か見物に行きました。 無論、大手の有名所の住宅メーカーのホームページを眺めて、各住宅メーカーの建築様式や間取りの並べ方、それに最近流行りの給湯関係やオール電化の家など、インターネットでも興味をもって調べてみました。

それでも、一番に基本となるのはやはり建物の様式で、日本的な古来の木造建築にするか、或いは洋風的なモダンな簡易建築、又、耐震性のある軽量鉄骨製などにするか、これら建築手法によって建築メーカーなどもほぼ決まってきます。