注文住宅は高齢の両親を見て

注文住宅を建てようと決心したのは、父親が体を壊したことからでした。田舎住まいの私の両親の家は、和室が多く、畳の部屋と廊下にも段差がありました。バリアフリーにすることになり、今は、廊下を和室の高さまで上げて、フラットになりました。
それを見ていて、自分が家を建てるときは、最初からバリアフリーにしようと決めました。階段は真っすぐで広く、手すりも両側に付けました。車椅子でも移動可能なように、廊下はなくし、リビングにすべての部屋が面している作りにしました。玄関もほぼ段差はありません。浴室やトイレにも手すりを付けました。
更に、一階の部屋は、洋室のドアも和室と同じ引き戸にしました。引き戸の方が開き戸より体が不自由になったときにドアの開け閉めがし易いからです。押し入れも作り付けにし、同じように引き戸にしました。引き戸ですと戸を完全に外すことも可能です。別途、洋服を年中かけておけるクローゼット用の部屋を設けてもよいのでしょうが、高齢になったときの移動距離を考慮し、押し入れを部屋の中に設けました。
このような注文を聞いて設計して頂けるので、注文住宅はおすすめです。