温かい部屋から寒い浴室やトイレに移動をすると、温度差によって血圧に影響があり、失神や心筋梗塞などを起こしてしまうことがあるそうです。夏場にクーラーが効いた屋内から暑い屋外に出ることを繰り返していると、温度差で自律神経に影響を与えるとは聞いたことがありますが、室内でも温度差によって体に影響を与えることがあると知りました。
マンションに住んでいたときは、暖房が効いた室内から浴室に移動したとき、寒くてつらい思いをしていました。寒いというだけなら何とか我慢できますが、健康に影響を与えると思うと温度差を気にしないわけにはいきません。
住宅を建てるときには、家全体の温度を一定に保てるように気をつけてみました。高断熱の素材を使用すると、家全体で夏は涼しく冬は温かくなります。快適な室内環境になることはもちろん、健康を守ることにもつながります。冷えが気になっていたので、温かくなったこともよかったです。長く住み続ける家なので、高断熱素材を使った家にして正解でした。