新築を作るときに、収納のことについて考えますね。私も以前住んでいたところが収納する場所が少なく、困ったものでした。そこで、今度新しく枚方市に注文住宅で建てるマイホームには、収納を多くしようと思ったのです。しかしただ多くするのがいいということでもありませんでした。
新しく収納場所を作って、これはよかった、これはまずかったと思うことについてご紹介します。

・キッチンの高い場所は不要
キッチンの収納については、やっぱり多いほどいいと思いますね。そのことを私も真剣に思っていたのです。ところがやっぱり多ければいいということではありませんでした。それは手が届く範囲にあることが大切なのです。
特にキッチンの場合は、直ぐに手が届かないと困ります。あまり使用しないモノを高い位置におくようにしていますが、滅多に使わないので使うことがほとんどありません。すると、棚がほこり収納しているものも古くなってしまいました。そんなことから、使わないモノをそこにおく必要もないと思うようになっています。

・玄関はシンプルが一番
玄関は、人を迎え入れる場所としてやっぱりこだわりたいですね。しかしその玄関は、まず入る場所としていろいろなモノをそこにおいてしまうことがあります。帽子やコート等もおくこともあり、いつの間にかごちゃごちゃしてしまうことがありました。
そこで思ったことは、やっぱり収納として靴箱以外に構えることです。私の家では、なんでもおくことができる収納場所を構えて、そこにハンガーをかけたりゴルフバッグを置いたりしています。すると、外から玄関に入ったときにすっきりとしているのでとても気持ちがいいです。

・各部屋にあると便利
収納は、やっぱり直ぐに取り出しやすいことがメリットですね。取り出すことが難しかったり、遠くにある場合は。持ち運びが大変です。そんな時、その部屋のモノはその部屋に収納できるととてもいいです。特にそれは、年をとると本当に便利と思うようになりました。

 

PR|お家の見直ししま専科|エステサロンを上手に利用する情報サイト|オーディオ|生命保険の口コミ.COM|SEOアクセスアップ相互リンク集|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|女性向けエステ.com|AGAでお悩み解決|ダイエットチャレンジ100日|JALカード|ショッピングカート|健康に役立つ口コミ情報